レディー

エディケアを毎日摂取すれば辛い症状が和らぐ

適正量を正しく飲む

婦人

少しずつで最大の効果

エディケアの摂取目安量は、一日6粒から12粒になっています。よって初めての人は、飲みやすいよう6粒から始めます。効果が実感できないようであれば、量を12粒まで適切にふやしてきましょう。一袋には180粒入っているので、12粒飲むと半月程度でなくなります。エディケアを6粒以上飲むときは、足りなくなる前にもう一袋用意しておくようにします。飲み方としてはお水で飲むことが基本です。冷たすぎると胃腸に負担がかかるので、できれば温かいお水にしましょう。エディケアの成分の吸収を阻害する可能性のあるジュースなどはよしておきましょう。そして毎食後、飲むようにします。空腹のときに摂取すると胃腸の弱い人は負担をかけ、十分に摂取できる可能性が低くなります。一日6粒摂取するのであれば、朝、昼、晩に2粒ずつ飲みます。一度にたくさん飲むと、まれにお腹が緩くなる場合もあります。できるだけ分けて飲むようにしましょう。効果をより高めるためには飲む量を増やす必要がありますが、少しづつ増やして様子をみます。今日だけと6粒からいきなり12粒に増やしたり、夕食後だけ大量に飲んでもよくありません。エディケアの効果を発揮するどころか体調を崩す可能性があります。たくさん飲んだからといって、成分がすべて吸収されるわけではありません。余分な分は吸収されないまま排出されてしまいます。適正量を守り、自分の身体の許容量を見極めて摂取する必要があります。エディケアを普段から飲んでおくことで自分の適正量もわかるので、数日おきにではなく毎日摂取しておきます。

海草に含まれる栄養素

サプリ

フコイダンは、ガン治療やピロリ菌除去に対して非常に有効であることが知られている栄養素です。昆布やメカブに多く含まれており、サプリメントも市販されています。フコイダンを摂取するためには日々の食事の中になるべく海藻類を多く取り入れるようすることが大切です。

目に大切な栄養素

ベリー

ベリー種であるビルベリーには、ブルーベリーの2〜5倍相当のアントシアニンが含まれていると言われています。アントシアニンは、目の疲れを取り除いたり、眼病予防に大きく役立つ栄養素です。積極的に摂取して目の健康維持に役立てましょう。

二日酔い対策にオススメ

女の人

お酒が原因の二日酔い対策としてオルニチンが注目です。二日酔いによる頭痛や倦怠感は肝臓がアルコールをきちんと分解しきれずに起こる症状ですが、オルニチンは肝臓の働きを促進し、アルコールの分解に役立ってくれます。これによって二日酔いの対策として役立ってくれます。